妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 働くママさんの豆知識 > ワーキングママ~産後に働くママ編~

働くママさん

ワーキングママ

ワーキングママ~産後に働くママ編~

産後職場復帰したいママはどうしたらいいのでしょうか?一緒に勉強しましょう。

産後ママ 画像

働きながら育児をするワーキングママ。最近ではこの言葉もよく聞かれるようになりました。
出産した後も仕事を続けようと思うと、気になる点がいくつか出てくるかと思います。
今回は、そんな産後のワーキングママの気になるポイントをピックアップ!出産がまだまだ先のマタニティママも、予習のつもりで是非ご覧ください☆

◆働くママたち、気になることは…?◆

ワーキングママ気になること1 画像

ワーキングママ気になること1 画像

ワーキングママ気になること1 画像

◆復帰は早くても産後6週間以上(42日間)たってから◆

出産翌日から発生する、「産後休暇」は8週間(56日間)の休暇を認められています。
担当の先生からの許可と、本人に働く意思があれば、産後6週間たってから仕事に復帰することができます。
逆に言えば、出産から6週間は法律上働けない期間とされています。医療的にも出産から6週間は体を休めることが望ましいとされています。産後、いくら元気であっても無理はせず、ゆっくりと体を休めてあげてましょう♪

◆育児休暇とは?◆

産後休暇が終わった翌日から、生まれた子どもが1才を迎える前日までの約10ヶ月間取得できます。
パパの育休は出産当日から発生します。⇒「パパの育休」詳しくはコチラ
特別な理由があれば、子どもが1才6ヶ月になるまで延長できます。

◆復帰後の仕事についてあらかじめ上司に相談しておこう◆

あらかじめ、出産後も仕事に復帰したいという意思を伝えたうえで、
産休後、または育休後、仕事に復帰した際にどのような形で復帰するのかを事前に相談しておきましょう。

◆仕事の引継ぎ◆

産後休暇の時にも記述したように、出産後6週間は仕事に戻ることが法律上出来ません。
その間あなたの仕事を替わりにする人にしっかりと「引継ぎ」をしておくことが大切です。
マニュアルなどをあらかじめ作成しておくなど、あなたの仕事の内容を目に見える形にしておけば、引継ぎもスムーズに進むのではないでしょうか。

◆出産の報告をしよう◆

無事出産した際は、2~3日以内に報告しましょう。
ポイントは上司から先に報告すること!

◆復帰直後のお礼をしよう◆

職場の方々による協力がなくては妊娠・出産からの復帰は難しいものです。
職場に復帰したときは、職場の方々に御礼の品を渡し、感謝の気持ちを伝えましょう。
ケーキ店や和菓子屋で販売されているお菓子の箱詰めなどがオススメです。ひと箱2000円から3000円ほどのものでOK。
特別お世話になった方には、個別に御礼を渡すと、より気持ちが伝わります。

◆できれば早く!◆

仕事をしている時、どうしても保育園を利用する必要がでてきますよね。
保育園探しはできるだけ早くから始めるのが吉です。
できれば妊娠中からはじめておきましょう。早めに探しておかないと、地域によってはなかなか入園できない場合があります
保育園について詳しくはコチラ

ワーキングママ~産後働くママ~のまとめ

産後、スムーズに職場復帰するためには、事前の準備が大切になってきます。
復帰への事前準備をしてくことは、ママ自身の負担の軽減にも繋がると思います。
出産後、職場から暖かく迎え入れてもらうためにも、会社にかかる負担を最小限に抑えておきたいですね☆

 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター リサ
産後に職場復帰を希望のママにとっては、どうすればいいのか、どういう流れで職場へ戻るのかを検討するのがいいでしょう。また、会社に迷惑をかけないように、スムーズに復帰できるように手配をしなければいけません。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.