妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

働くママさん

幼稚園

働くママの幼稚園選び

保育園と幼稚園がありますが、一体何が違うんでしょう?
ママがお仕事をしているとき、大切なお子さまをどこに預けますか?やっぱりママも安心できて、お子さまも過ごしやすい場所が良いですよね♪
 

幼稚園とは

ネコ イラスト 幼稚園は、小学校や中学校、高校、大学などと同じように学校教育法に定められた「学校」です。「幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。(学校教育法第22条)となっています。
ただし、小中学校のような義務教育機関ではありません。入園資格は3歳から小学校就学の6歳になるまでの幼児となっています。
 

3年保育と2年保育の違いは?

幼稚園の保育年数には、3年間幼稚園に通わせる3年保育と、2年間幼稚園に通わせる2年保育があります。
どちらが良いのかは、お子さまの性格や、ご家庭の事情によってもさまざまです。いろんなメリットを考えながら、決定してくださいね。

3年保育のメリット
●早いうちから社会性を身につけられる
3歳になると、そろそろ集団生活を行う準備を始めても良い時期だ、といわれています。3年保育で幼稚園に通わせることで、早く集団生活を経験することができます。ママにべったりの毎日から、 少し離れて過ごすことで、社会性が身につきます。

●新たな長所・短所が発見できる
早いうちから、幼稚園でいろんな経験ができることにより、ご家庭では見つけられなかった長所・短所が見つけられます。「こんなことが得意だったのか!」と、新たな発見があるかもしれませんね。

●ママに落ち着いた時間ができる
3歳や4歳になるお子さまの育児ってとても大変!「少し、自分の時間が欲しいな」という思いで3年保育を選ぶママもたくさんいます。少しだけお子さまと離れることで、気持ちに余裕ができ、優しく接することができるようです。

2年保育のメリット
●貴重な時間を一緒に過ごすことができる
毎日どんどん成長していくこの時期、なるべくお子さまと一緒にいたいと感じるママも多いはず。3歳のころの1年はとても貴重な時間ですよね。 たくさんの思い出を一緒につくることができます♪幼稚園に通わない代わりに、パパ・ママが、さまざまな刺激を受けるきっかけをつくってあげてくださいね。

●かかる費用が2年間ですむ
3年間通わせるよりも、もちろん2年間の方が、かかる費用は少なくなります。経済的に無理をせず通わせてあげることができます。

公立か私立か、によっても費用は異なりますので以下の表を参考にしてくださいね♪

のびのび型?お勉強型?

幼稚園を選ぶときによく言われるのが、「のびのび型とお勉強中心型、どっちのタイプが良いのかよく考えて!」ということです。幼稚園によって方針が大きく異なるため、情報収集をするときは、どっちのタイプにするかということも、ぜひ視野に入れてみてください。

●のびのび型
お勉強の要素はわずかで、遊びや体験を通してさまざまなことを学びます。みんなで遊んだり、製作や運動といった、楽しみながら学ぶものがほとんどです。机にじっと座ってお勉強するという授業はほとんどありません。集団行動の練習をさせたい、自分の好きなことを見つけて欲しい、というママの中ではとても人気があります。

●お勉強中心型
お勉強の1日のカリキュラムがしっかりと組まれていて、きっちりとスケジュールに沿った授業が行われます。いろんな知識や礼儀などがしっかりと身につく保育内容が多いと言えます。そのため、小学校入学までには、たくさんのことができるようになっています!

記事の参考サイト

■厚生労働省 保育所保育指針解説書
■JS 日本の学校
 
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター 好村シュンイチ
幼稚園には幼稚園の良さ、保育園には保育園の良さがあります。職場復帰を考えるママにとってもこれから専業主婦になるママにとっても大きな味方になってくれます。自分たちはどちらが合うのかを考えて検討してみてください。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.