妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 働くママさんのの豆知識 > 働くママの「母性健康管理指導事項連絡カード」

働くママさん

母性健康管理指導事項連絡カード

働くママの「母性健康管理指導事項連絡カード」

働く妊婦さんに知っておいてほしい、「母性健康管理指導事項連絡カード」についてご紹介!

病院 画像

妊娠してからもまだまだ仕事を頑張りたいという女性は非常に多いですよね。
ですが、「妊娠前と全く同じように働く!」とはいかないのが妊婦さんの体です。つわりなどで思うように仕事が出来ない事はあらかじめ頭に入れておく必要があります。
また、会社側も妊娠中や出産後の労働者に関する規定がちゃんとあります。しかし、職場によっては妊娠への理解が少なかったり、妊娠中の体調について言い辛かったりすることもありますよね。
今回はそんな働く妊婦さんに知っておいてほしい、「母性健康管理指導事項連絡カード」についてご紹介いたします。

母性健康管理指導事項連絡カードとは?

母性健康管理指導事項連絡カードとは、

「主治医等が行った指導事項の内容を、仕事を持つ妊産婦から事業主へ明確に伝えるのに役立つカード」

のことです。(厚生労働省HP「母性健康管理指導事項連絡カードの活用について」より抜粋)

母性健康管理指導事項連絡カードの使い方

例えば、妊娠中や出産後の健診や検査等で、「仕事を軽減する必要がある」「通勤時間または通勤手段を変更した方が良い」といった指導を病院の先生から受けた場合、この「母性健康管理指導事項連絡カード」に記入してもらいます。
そして事業主にカードを提出し、カードの内容に沿って事業主に適切な対応をしてもらうという流れになります。

このカードを利用することで、正確かつスムーズに事業主に自分の容態を伝えることができるというわけです。

いつ使える?
病院の先生等から仕事に関する指導を受ければ使用するようにしましょう。
カードに記載された必要な措置は、妊娠中(または産後)の労働者が事業主に申し出ることによってスタートします。

どういった措置が講じられるの?

「男女雇用機会均等法」では、
妊娠中の労働者が病院の先生等から指導を受けた場合、指導に沿って必要な措置を講じなければならないとしています。
措置の内容としては以下のようなものがあげられます。

  • ○妊娠中の通勤(時差通勤、通勤時間の短縮等の措置)
  • ○妊娠中の休憩に関する措置(休憩時間の延長、休憩回数の増加等の措置)
  • ○妊娠中または出産後の症状等に対応する措置(作業の制限、休業等の措置)

(参照:厚生労働省HP「働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について」)

どこでもらえるの?

母性健康管理指導事項連絡カードは、厚生労働省のHPからダウンロードすることができます。
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/josei/hourei/20000401-25-1.htm

また、どの母子健康手帳にも大体、母性健康管理指導事項連絡カードの様式が記載されているようです。それをコピーする方法でも良いでしょう。
役所に足を運んで申請したりする必要はありませんよ♪

この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスクリエイター リサ
働きたい意志はあっても、妊婦ママの体はそれを反してしまうことはよくあります。そんな時に、母性健康管理指導事項連絡カードがあれば、体調も兼ね合わせて働くことができます。妊婦の体は無理をしてはいけません。
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.