妊娠から出産までの詳しい情報、妊娠・出産・育児の豆知識 | ママの声があつまる新しいコミュニティサイト

妊娠・出産・育児HOME > 働くママさんの豆知識 > 働くママが知りたい法律のこと

働くママさん

働く女性

働くママが知りたい法律のこと

今回は、男女雇用機会均等法における母性健康管理の措置についてご紹介します。
マタニティハラスメント“マタハラ”の認知度は年々アップしています。

しかし、“ハラスメント”の解釈は難しく、ハラスメントをした側としては、そんなつもりはなかったり、その意識がなくとも不快な思いをさせていたり。受け取る側の感覚や、普段からの関係性など様々な個人差があるため、判断や評価をすることがとても困難な部分がありますよね…。では、法律ではどのような権利が保護されているのでしょうか。

働くママの権利

マタハラ

[参考]仕事をする女性

厚生労働省「働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について」を参考にみていきましょう!まずは“男女雇用機会均等法における母性健康管理の措置”です。
 

男女雇用機会均等法における母性健康管理の措置

(1)保健指導又は健康診査を受けるための時間の確保(法第12条)
事業主は、女性労働者が妊産婦のための保健指導又は健康診査を受診するために必要な時間を確保することができるようにしなければなりません。

※ 健康診査等を受診するために確保しなければならない回数
○ 妊娠中
妊娠23週までは4週間に1回
妊娠24週から35週までは2週間に1回
妊娠36週以後出産までは1週間に1回

指導事項を守ることができるようにするための措置(法第13条)

妊娠中及び出産後の女性労働者が、健康診査等を受け、医師等から指導を受けた場合は、その女性労働者が受けた指導を守ることができるようにするために、事業主は勤務時間の変更、勤務の軽減等必要な措置を講じなければなりません。

※ 指導事項を守ることができるようにするための措置
○ 妊娠中の通勤緩和(時差通勤、勤務時間の短縮等の措置)
○ 妊娠中の休憩に関する措置(休憩時間の延長、休憩回数の増加等の措置)
○ 妊娠中又は出産後の症状等に対応する措置(作業の制限、休業等の措置)

妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの禁止(法第9条)

事業主は、女性労働者が妊娠・出産・産前産後休業の取得、妊娠中の時差通勤など男女雇用機会均等法による母性健康管理措置や深夜業免除など労働基準法による母性保護措置を受けたことなどを理由として、解雇その他不利益取扱いをしてはなりません。

※ 不利益な取り扱いと考えられる例
○ 解雇すること
○ 期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと
○ あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること
○ 退職又は正社員をパートタイム労働者等の非正規社員とするような労働契約内容の変更の強要を行うこと
○ 降格させること
○ 就業環境を害すること
○ 不利益な自宅待機を命ずること
○ 減給をし、又は賞与等において不利益な算定を行うこと
○ 昇進・昇格の人事考課において不利益な評価を行うこと
○ 派遣労働者として就業する者について、派遣先が当該派遣労働者に係る労働者派遣の役務の提供を拒むこと

紛争の解決(法第15条~第27条)

母性健康管理の措置が講じられず、事業主と労働者の間に紛争が生じた場合、調停など紛争解決援助の申出を行うことができます。

記事の参考サイト

■厚生労働省「働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について」
■働くみんなのマタハラ手帳
■「マタニティハラスメントに関する意識調査2」(2014.06)
■女性に優しい職場づくりナビ
 
この記事を書いた人
ママテラス編集者
ママテラスPR・ライター 篠原慶
働く妊婦ママには、ちゃんと守ってくれる法律や義務があるんです。それを知らないと知らず知らずに傷つけられてしまっているケースもあります。大切なのは、働く女性の私たちがちゃんと知ることです。
 
 
 
© ETERNAL, Inc. All Rights Reserved.